“鍾馗(しょうき)”の由来〜厄除け・合格祈願・病気除け・新築祝


古代中国唐の時代、終南山という地に住んでいた鍾馗(しょうき)青年は、科挙(かきょ)という官僚に なるための試験を受けました。ところが面接で顔が醜いことを理由に落第させられた鍾馗青年は、 それに抗議して憤死してしまい、玄宗皇帝(げんそうこうてい)により手厚く葬られました。

その後玄宗皇帝が病で床に臥している時、夢の中に二匹の鬼が現れ、片方の大鬼が子鬼を退 治しました。
玄宗皇帝が大鬼に「お前は何者だ。」と問うと「私は終南山という地に住んでいた鍾馗という者で す。皇帝に手厚く葬っていただいたお礼に天下の災いを取り除こうと思います。」と答えました。玄 宗皇帝が夢から覚めると、病はすっかり治っていたそうです。そして夢で見た鍾馗の姿を絵師に描 かせ、疫病除けや、受験の神様として定めました。

日本では「鍾馗さま」として端午の節句に幟や五月人形で厄除けとして親しまれています。また朱 で描かれた鍾馗さまを「朱描き鍾馗」といい、疱瘡除けとして江戸時代に盛んに描かれており、病 気に強い子供に育つように、との願いが込められています。 いわき絵のぼり師 辰昇(しんしょう)

“鍾馗”の作品
餓鬼退治鍾馗幟/いわき絵のぼり
手ぬぐい鍾馗丹色/絵のぼり師の絵てぬぐい
手ぬぐい鍾馗濃紺/絵のぼり師の絵てぬぐい
手ぬぐいのぼり鍾馗/絵のぼり師の絵てぬぐい
鍾馗室内幟/いわき絵のぼり
卓上名入れ武者のぼり“鍾馗”
餓鬼退治鍾馗幟
手ぬぐい
“鍾馗丹色”
手ぬぐい
“鍾馗濃紺”
手ぬぐい
“のぼり鍾馗”
鍾馗室内幟
卓上名入れ武者のぼり
“鍾馗”



武者のぼり図柄の由来〜古人が込めた願い
武者絵のぼり図柄の由来〜古人が込めた願い
鍾馗(しょうき) 七福神
恵比寿大黒 弁財天
恵比寿 大黒
鶴亀
高砂
藤娘 熊に金太郎
鯉に金太郎 金太郎
神武天皇 神功皇后
秀吉と清正 八幡太郎勿来関
宇治川先陣争い 龍虎
鯉の滝昇り
義経の弓流し 波兎
若駒 桐鳳凰


*武者.comは端午節句の伝統工芸のぼり旗
いわき絵のぼりの絵師、
辰昇(しんしょう)が運営しています。
武者絵.com〜いわき絵のぼり吉田 http://www.musyae.com/へ
>> 武者絵.com TOPへ
手描き武者のぼり「いわき絵のぼり」辰昇作品
いわき絵のぼり〜屋外用武者絵のぼり(鍾馗幟、龍虎幟)作品
いわき絵のぼり〜室内用武者絵のぼり(鍾馗幟、龍虎幟)作品
いわき絵のぼり(武者のぼり)〜屏風絵作品
いわき絵のぼり(武者のぼり)〜額絵


内祝い等に 小物グッズ通販 絵のぼり吉田
卓上和紙絵のぼり 本染絵手ぬぐい
卓上和紙絵のぼり【ちびのぼり】
・3,000円+税 手軽な名入れちびのぼり
本染め絵手ぬぐい
・1,200円+税〜 辰昇デザイン
 

当サイトは絵のぼり師 辰昇が運営しています。
※画像、文章などの著作権は当方に帰属します。無断転載、無断複製はお断り願います。
Copyright (C) 2006 Iwakienobori Yoshida All rights reserved.

-武者絵.com-