“義経の弓流し”の由来修身斉家(家を大切にする)


義経の弓流し」は平安時代末期の源平合戦の中で、有名な逸話のひとつです。

1185年、平氏軍が本拠地としていた讃岐の国屋島へ源義経(みなもとのよしつね)ら源氏軍が攻め入 り、「屋島の戦い」が起こりました。
平氏軍は海上へ追い込まれましたが、源氏軍が意外に少数であることを知ると、船上から激しい 矢戦を仕掛けてきます。この際、源氏軍の那須与一(なすのよいち)が、平家船上の扇の的を見事に 矢で打ち抜いたという逸話も有名です(扇の的)。

やがて激しい戦となり、義経は自らの弓を誤って海に流してしまいます。
義経は部下たちが止めるのを聞かず、敵兵の行き交う沖まで行き、弓を拾ってきました。
戻った義経は「もっと強い弓ならいざ知らず、源氏の大将がこのような弱い弓を使っているこ とを平氏に知られては、末代までの恥となる。そのため命を顧みず拾いに行ったのだ。」と語 り、部下たちは感銘を受けたそうです。

端午節句の絵のぼりでは、家を大切にする人に育って欲しいという修身斉家(しゅうしんせいか) 願いを込めて描かれています。

本図で描かれるのは、弓を拾おうとする源義経と部下の弁慶です。
いわき絵のぼり師 辰昇(しんしょう)

“武者絵関連”の作品
手拭よろい紺匂威/絵のぼり師の絵てぬぐい
手拭よろい紅裾松葉威/絵のぼり師の絵てぬぐい
手拭よろい色々威/絵のぼり師の絵てぬぐい
手拭“よろい紺匂威”
手拭“よろい紅裾松葉威”
手拭“よろい色々威”


武者のぼり図柄の由来〜古人が込めた願い
武者絵のぼり図柄の由来〜古人が込めた願い
鍾馗(しょうき) 七福神
恵比寿大黒 弁財天
恵比寿 大黒
鶴亀
高砂
藤娘 熊に金太郎
鯉に金太郎 金太郎
神武天皇 神功皇后
秀吉と清正 八幡太郎勿来関
宇治川先陣争い 龍虎
鯉の滝昇り
義経の弓流し 波兎
若駒


*武者.comは端午節句の伝統工芸のぼり旗
いわき絵のぼりの絵師、
辰昇(しんしょう)が運営しています。
武者絵.com〜いわき絵のぼり吉田 http://www.musyae.com/へ
>> 武者絵.com TOPへ
手描き武者のぼり「いわき絵のぼり」辰昇作品
いわき絵のぼり〜屋外用武者絵のぼり(鍾馗幟、龍虎幟)作品
いわき絵のぼり〜室内用武者絵のぼり(鍾馗幟、龍虎幟)作品
いわき絵のぼり(武者のぼり)〜屏風絵作品
いわき絵のぼり(武者のぼり)〜額絵


内祝い等に 小物グッズ通販 絵のぼり吉田
卓上和紙絵のぼり 本染絵手ぬぐい
卓上和紙絵のぼり【ちびのぼり】
・3,000円+税 手軽な名入れちびのぼり
本染め絵手ぬぐい
・1,200円+税〜 辰昇デザイン
 

当サイトは絵のぼり師 辰昇が運営しています。
※画像、文章などの著作権は当方に帰属します。無断転載、無断複製はお断り願います。
Copyright (C) 2006 Iwakienobori Yoshida All rights reserved.

-武者絵.com-