本文へスキップ

手描き武者のぼり(節句の五月幟)制作 いわき絵のぼり吉田 武者絵.com

お問合せ、ご注文方法

〒971-8182 いわき市泉町滝尻字根ノ町73

  1. ホーム>
  2. 絵のぼりとは?>
  3. 各図柄の由来>
  4. 七福神の由来

七福神の由来CONCEPT

招福、商売繁盛祈願の図柄

七福神とは、恵比寿大黒布袋毘沙門天弁財天福禄寿寿老人の七人の神様のことで、福を運んでくるめでたい存在として、古くより親しまれてきました。

七福神信仰は室町時代の末期に始まったといわれ、家康が狩野探幽(かのうたんゆう)に描かせ信仰したものが全国に広まったとする説をはじめ、起源については様々いわれています。
七福神はめでたい吉祥画として盛んに描かれ、絵のぼりの図柄にも子供に幸多い人生を、との願いで描かれています。

恵比寿は商売や漁業の神、大黒は富財を得て台所を守る神(元々はインドの神)、布袋は慈しみと和合の神(古代中国の禅僧契此という実在した人物が元になっています)、毘沙門天は闘いの神(仏教における 四天王の一人で、北方を守るとされます)、弁財天は音楽や芸事の神、福禄寿は幸福(福)財産(禄)寿命(寿) の神、寿老人は長寿の神(福禄寿と寿老人は中国では二人とも南極星の化身とされ同一人物ともされます)。

狩衣を着ているのが恵比寿、小槌を持って頭巾をかぶり袋を担いでいるのが大黒、坊主頭で袋にもたれているのが布袋、鎧をまとい槍を担いでいるのが毘沙門天、琵琶を弾いているのが弁財天、頭の長い老人が福禄寿、帽子をかぶった老人が寿老人です。

いわき絵のぼり吉田

七福神の由来 
七福神 辰治画
よくあるご質問
Q. 文章の転載は可能ですか?
A. はい。
転載&引用に際しては「出典:いわき絵のぼり吉田」の記載をお願いします。
ご自身が書いたかのような形での転載、無断の商用利用は禁止です。
著作権のページへ

七福神の他、以下に各図柄由来もご紹介

以下、いわき絵のぼり図柄の由来一覧です。
古人が様々な物語に託した男児成長祈願。
クリックで解説ページへ。

神仏

06. 大黒

説話、神話

12. 高砂

武者絵

動物

18. 龍虎

23. 若駒

24. 鶴亀

25.

26.

絵のぼりって?分かり易く解説

検索サイトからご訪問の皆さま、あの北斎も手掛けた「絵のぼり」はご存知ですか?
絵のぼりについては以下ページへ。
武者絵のぼりって?画像でみる歴史のページへ
武者絵のぼりって?画像でみる歴史

江戸期の絵のぼり収集記へ
江戸期の絵のぼり収集記

 手描き武者のぼり制作、いわき絵のぼり吉田のHomeへ

HOMEへ戻る | 手描き武者のぼり制作いわき絵のぼり吉田

関連ページ
  1. ホーム>
  2. 絵のぼりとは?>
  3. 各図柄の由来>
  4. 七福神の由来

バナースペース