“神武天皇”の由来〜成功祈願・好機到来


神武天皇(じんむてんのう)は、日本で初代の天皇とされています。720年に完成した日本初の歴史 「日本書紀」には、はるか昔の神話の時代から、第41代持統天皇の時代までの出来事が記述 されており、そこで日本初の天皇として神武天皇の物語が出てきます。

それによると神武天皇がまだ天皇になる前、天下統一の為に東征していた時、神武天皇の軍が 窮地に陥りました。すると、手に持っていた弓の先に金鵄(きんし)(金色に光り輝くとび)が舞い降り、敵軍 がまぶしさに目をくらませている間に形勢は逆転し、勝利を治めました。そして紀元前660年、天下 を平定した神武天皇は初代の天皇に即位しました。

この物語は戦前戦後までは、広く一般になじみのあった神話で、江戸時代の浮世絵や日本画な どにも描かれている他、絵のぼりや凧、人形などあらゆるものでおなじみの画題でした。ただし戦 前〜戦中には国威高揚の意味で多く描かれたようで、その反動から戦後描かれる機会の減った 珍しい図柄のひとつと言えそうです。

絵に込められた意味は「好機到来」「成功」という、おめでたい図柄です。
いわき絵のぼり師 辰昇(しんしょう)

“神武天皇”“武者絵関連”の作品
神武天皇幟/近藤辰治作
手拭よろい紺匂威/絵のぼり師の絵てぬぐい
手拭よろい紅裾松葉威/絵のぼり師の絵てぬぐい
手拭よろい色々威/絵のぼり師の絵てぬぐい
手拭“よろい紺匂威”
手拭“よろい紅裾松葉威”
手拭“よろい色々威”


武者のぼり図柄の由来〜古人が込めた願い
武者絵のぼり図柄の由来〜古人が込めた願い
鍾馗(しょうき) 七福神
恵比寿大黒 弁財天
恵比寿 大黒
鶴亀
高砂
藤娘 熊に金太郎
鯉に金太郎 金太郎
神武天皇 神功皇后
秀吉と清正 八幡太郎勿来関
宇治川先陣争い 龍虎
鯉の滝昇り
義経の弓流し 波兎
若駒 桐鳳凰


*武者.comは端午節句の伝統工芸のぼり旗
いわき絵のぼりの絵師、
辰昇(しんしょう)が運営しています。
武者絵.com〜いわき絵のぼり吉田 http://www.musyae.com/へ
>> 武者絵.com TOPへ
手描き武者のぼり「いわき絵のぼり」辰昇作品
いわき絵のぼり〜屋外用武者絵のぼり(鍾馗幟、龍虎幟)作品
いわき絵のぼり〜室内用武者絵のぼり(鍾馗幟、龍虎幟)作品
いわき絵のぼり(武者のぼり)〜屏風絵作品
いわき絵のぼり(武者のぼり)〜額絵


内祝い等に 小物グッズ通販 絵のぼり吉田
卓上和紙絵のぼり 本染絵手ぬぐい
卓上和紙絵のぼり【ちびのぼり】
・3,000円+税 手軽な名入れちびのぼり
本染め絵手ぬぐい
・1,200円+税〜 辰昇デザイン
 

当サイトは絵のぼり師 辰昇が運営しています。
※画像、文章などの著作権は当方に帰属します。無断転載、無断複製はお断り願います。
Copyright (C) 2006 Iwakienobori Yoshida All rights reserved.

-武者絵.com-