“秀吉と清正”の由来〜出世祈願・身体堅固


豊臣秀吉(1536-1598)は農民出身ではじめ木下籐吉郎(きのしたとうきちろう)と名乗っていました。織 田信長の家臣として「猿」の愛称で親しまれたとされます。

一五八二年、明智光秀によって信長が討たれると(本能寺の変)、秀吉は山崎の戦で光秀を討ち、 信長の後継者となっていきます。一五八三年本願寺の跡地に大阪城を築き、一五八六年には太 政大臣となり政権を確立します。一五九〇年には北条氏、伊達氏らを制し、天下統一を果たしま す。貧しい身分から天下統一を果たした秀吉は、出世の象徴として最も人気の高い武将です。

加藤清正(1562-1611)は秀吉の家臣で、秀吉とは親戚の間柄です。賎ヶ岳の合戦(しずがたけのかっ せん)では「賎ヶ岳の七本槍」に選ばれる活躍をします。
また清正は虎退治などの勇猛な逸話を残しています。

出世の秀吉、勇壮で忠義を尽くした清正はともに広く庶民に親しまれ、浮世絵などに多く描かれ ています。子供の成長を願う武者のぼりにも、川中島合戦に並ぶ代表的な図柄として古くから描か れています。

本画では、上にいるのが秀吉、下にいるのが清正です。
いわき絵のぼり師 辰昇(しんしょう)

“秀吉と清正”“武者絵関連”の作品
手拭よろい紺匂威/絵のぼり師の絵てぬぐい
手拭よろい紅裾松葉威/絵のぼり師の絵てぬぐい
手拭よろい色々威/絵のぼり師の絵てぬぐい
“秀吉と清正図幟”
“秀吉と清正図室内幟”
手拭“よろい紺匂威”
手拭“よろい紅裾松葉威”
手拭“よろい色々威”


武者のぼり図柄の由来〜古人が込めた願い
武者絵のぼり図柄の由来〜古人が込めた願い
鍾馗(しょうき) 七福神
恵比寿大黒 弁財天
恵比寿 大黒
鶴亀
高砂
藤娘 熊に金太郎
鯉に金太郎 金太郎
神武天皇 神功皇后
秀吉と清正 八幡太郎勿来関
宇治川先陣争い 龍虎
鯉の滝昇り
義経の弓流し 波兎
若駒 桐鳳凰


*武者.comは端午節句の伝統工芸のぼり旗
いわき絵のぼりの絵師、
辰昇(しんしょう)が運営しています。
武者絵.com〜いわき絵のぼり吉田 http://www.musyae.com/へ
>> 武者絵.com TOPへ
手描き武者のぼり「いわき絵のぼり」辰昇作品
いわき絵のぼり〜屋外用武者絵のぼり(鍾馗幟、龍虎幟)作品
いわき絵のぼり〜室内用武者絵のぼり(鍾馗幟、龍虎幟)作品
いわき絵のぼり(武者のぼり)〜屏風絵作品
いわき絵のぼり(武者のぼり)〜額絵


内祝い等に 小物グッズ通販 絵のぼり吉田
卓上和紙絵のぼり 本染絵手ぬぐい
卓上和紙絵のぼり【ちびのぼり】
・3,000円+税 手軽な名入れちびのぼり
本染め絵手ぬぐい
・1,200円+税〜 辰昇デザイン
 

当サイトは絵のぼり師 辰昇が運営しています。
※画像、文章などの著作権は当方に帰属します。無断転載、無断複製はお断り願います。
Copyright (C) 2006 Iwakienobori Yoshida All rights reserved.

-武者絵.com-