“大黒”の由来〜招福・商売繁盛・豊作祈願・新築祝


大黒様は七福神の一人で、主に豊作の神様、台所の神様として民衆に馴染みの深い存在で す。もともとは日本の神様ではなく、古代インドのヒンドゥー教で人の生死を司る神様として、恐れら れる存在でした。

日本に伝わったきっかけは、最澄(さいちょう)(七六七〜八二二年…天台宗の開祖)が中国より伝え延暦 寺の守護神としたことにより、日本でも大黒様が知られるようになります。

鎌倉時代に入ると日本古来の神、大国主命(おおくにぬしのみこと)が「だいこく」と読めるという理由 から、二人の神様が混同されるようになり、やがて優しい福の神「大黒さま」として定着していきまし た。

その姿は肩に袋を背負い、打出の小槌を持ち、米俵の上に座り、頭巾をかぶっているとされてい て、打出の小槌からは仏教で全ての願いをかなえるとされるおめでたい如意宝珠(にょいほうじゅ) 出すとされます。
いわき絵のぼり師 辰昇(しんしょう)

“大黒”の作品
大黒色紙
大黒色紙
卓上名入れ武者のぼり“恵比寿大黒”
卓上名入れ武者のぼり
“恵比寿大黒”


武者のぼり図柄の由来〜古人が込めた願い
武者絵のぼり図柄の由来〜古人が込めた願い
鍾馗(しょうき) 七福神
恵比寿大黒 弁財天
恵比寿 大黒
鶴亀
高砂
藤娘 熊に金太郎
鯉に金太郎 金太郎
神武天皇 神功皇后
秀吉と清正 八幡太郎勿来関
宇治川先陣争い 龍虎
鯉の滝昇り
義経の弓流し 波兎
若駒 桐鳳凰


*武者.comは端午節句の伝統工芸のぼり旗
いわき絵のぼりの絵師、
辰昇(しんしょう)が運営しています。
武者絵.com〜いわき絵のぼり吉田 http://www.musyae.com/へ
>> 武者絵.com TOPへ
手描き武者のぼり「いわき絵のぼり」辰昇作品
いわき絵のぼり〜屋外用武者絵のぼり(鍾馗幟、龍虎幟)作品
いわき絵のぼり〜室内用武者絵のぼり(鍾馗幟、龍虎幟)作品
いわき絵のぼり(武者のぼり)〜屏風絵作品
いわき絵のぼり(武者のぼり)〜額絵


内祝い等に 小物グッズ通販 絵のぼり吉田
卓上和紙絵のぼり 本染絵手ぬぐい
卓上和紙絵のぼり【ちびのぼり】
・3,000円+税 手軽な名入れちびのぼり
本染め絵手ぬぐい
・1,200円+税〜 辰昇デザイン
 

当サイトは絵のぼり師 辰昇が運営しています。
※画像、文章などの著作権は当方に帰属します。無断転載、無断複製はお断り願います。
Copyright (C) 2006 Iwakienobori Yoshida All rights reserved.

-武者絵.com-