本文へスキップ

手描き武者のぼり(節句の五月幟)制作 いわき絵のぼり吉田 武者絵.com

お問合せ、ご注文方法

〒971-8182 いわき市泉町滝尻字根ノ町73

  1. ホーム>
  2. 制作者について>
  3. 江戸期の絵のぼり収集記

江戸期の絵のぼり収集記CONTACT US

辰昇コレクション~江戸時代の五月幟(節句幟、武者絵のぼり)

あまり知られていない江戸期の絵のぼり(節句(のぼり)/五月(のぼり)/武者のぼり/矢旗(やばた))。
その「祈りの大型民衆絵画」再評価のため、辰昇(しんしょう)の収集品をご紹介します。

古作の絵のぼり一覧
随時更新 / すべて非売品

14.鍾馗図(しょうきず)座敷幟(ざしきのぼり) 四代目鳥居清忠 非売品

鍾馗図座敷幟 四代目鳥居清忠01
鍾馗図座敷幟(しょうきずざしきのぼり)(手描き)四代目鳥居清忠。
大正期~昭和初期。
約50×約36cm。縮緬製。
・家紋幟2枚
大正~昭和初期。
約111×34cm。縮緬製。

絵のぼり吉田蔵

室内用の縮緬(ちりめん)製小型絵のぼり

鍾馗図座敷幟 四代目鳥居清忠02
大正~昭和初期ごろに縮緬(ちりめん)へ描かれた、室内用の小型絵のぼり(座敷(のぼり)、内(のぼり))です。
制作者は画家の四代目鳥居清忠氏。
歌舞伎座の看板絵や浮世絵を代々手がけてこられた、鳥居派の七代目当主。
鍾馗図座敷幟 四代目鳥居清忠 落款

画家への特注品のため家紋(のぼり)は別誂え

鍾馗図座敷幟 四代目鳥居清忠03

共に飾られた小型の家紋(のぼり)も2本伝わっていて、これらは鍾馗幟と材質の異なる縮緬製。
おそらく販売店か顧客側が独自に用意したものです。

このような座敷飾りの小型絵のぼりは、高名な画家へ発注される機会もたびたびあったようです。

2017.11.23 いわき絵のぼり吉田 絵師辰昇(しんしょう)

<<前の記事へ

あとがき

祈りの大型民衆絵画

幕末の端午節句
幕末の端午節句図。アシェット社銅版画。
絵のぼり吉田蔵

絵のぼり(節句のぼり)は大名から庶民まで親しまれてきたため、世に残った作品は雑多です。
その本質は絵馬とおなじように、祈りの民衆絵画。
絵のぼりがユニークな点は、数百年間の作品全てが「男児成長祈願」のテーマで制作され、時代の空気を反映していること。

江戸期絵のぼりは、今後の調査に期待

古い絵のぼりは在野に埋もれ、近年まで研究されませんでした。
しばらく収集を続けていると、絵馬とおなじく大勢の絵師が手がけていたことが分かります。
浮世絵師などによる肉筆画が、それと知られず現在も埋もれているため、今後の調査には期待が高まります。

さらにご興味ある方は、収集家北村勝史(よしちか)氏の著作をご参照ください。

いわき絵のぼり吉田 絵師辰昇(しんしょう)

 手描き武者のぼり制作、いわき絵のぼり吉田のHomeへ

HOMEへ戻る | 手描き武者のぼり制作いわき絵のぼり吉田

関連ページ
  1. ホーム>
  2. 制作者について>
  3. 江戸期の絵のぼり収集記

バナースペース