本文へスキップ

手描き武者のぼり(節句の五月幟)制作 いわき絵のぼり吉田 武者絵.com

お問合せ、ご注文方法

〒971-8182 いわき市泉町滝尻字根ノ町73

  1. ホーム>
  2. 制作者について>
  3. 江戸期の絵のぼり収集記>
  4. 神功皇后図幟/無銘(江戸後期)

江戸期の絵のぼり収集記CONTACT US

12.神功皇后図幟(じんぐうこうごうずのぼり) 無銘 非売品

筒描き 神功皇后図幟 無銘 江戸後期01
神功皇后図幟(じんぐうこうごうずのぼり)(筒描き)無銘。
江戸後期。
約820×約75cm。木綿製。

絵のぼり吉田蔵

江戸時代に豪華な絵のぼりを飾ったのは誰?

筒描き 神功皇后図幟 無銘 江戸後期02
筒描き 神功皇后図幟 無銘 江戸後期03
江戸後期に「筒描(つつが)き」で制作された、力の入った(のぼり)です。
筒描(つつが)きとは輪郭線を白く染め残す染色技法で、誤解を恐れず言えば「友禅染の大画面バージョン」。
おそらく本作は、現在と比較して規格外の時間と予算で制作されています。
江戸時代に贅を尽くした(のぼり)を飾ったのは、商家、豪農、武家などでした。

長年使用された歴史

筒描き 神功皇后図幟 無銘 江戸後期04

長年にわたって飾られたらしく、天然染料がかなり色あせた箇所も。
後世の人が自ら筆で手直ししたようで、黒色部分には(つたな)さがあります。
とは言え、それも含め昔から伝わってきた品物の歴史かな?と思います。

2017.11.23 いわき絵のぼり吉田 絵師辰昇(しんしょう)

<<前の記事へ
次の記事へ>>

江戸期の絵のぼり収集記へすすむ
江戸期の絵のぼり収集記
150年以上眠っていた、江戸期の絵のぼり。
収集品から制作者の謎をひも解く。
随時更新。

 手描き武者のぼり制作、いわき絵のぼり吉田のHomeへ

HOMEへ戻る | 手描き武者のぼり制作いわき絵のぼり吉田

関連ページ
  1. ホーム>
  2. 制作者について>
  3. 江戸期の絵のぼり収集記>
  4. 神功皇后図幟/無銘(江戸後期)

バナースペース