本文へスキップ

手描き武者のぼり(節句の五月幟)制作 いわき絵のぼり吉田 武者絵.com

お問合せ、ご注文方法

〒971-8182 いわき市泉町滝尻字根ノ町73

  1. ホーム>
  2. 制作者について>
  3. 江戸期の絵のぼり収集記>
  4. 鍾馗図幟/無銘

江戸期の絵のぼり収集記CONTACT US

03.鍾馗図幟(しょうきずのぼり) 無銘 非売品

鍾馗図幟 無銘 明治期
鍾馗図幟(手描き)無銘
明治~大正期。
約470×約63cm。木綿製。

絵のぼり吉田蔵

明治~大正期のいわき絵のぼり

私の住む福島県いわき市周辺では、江戸前期の藩主内藤義概(よしむね)が絵のぼりを推奨した結果、絵師が大勢育ちました。
本作は落款がありませんが、作風からこの地域で明治~大正期に制作された作だと思われます。

浮世絵からの影響が大

武者絵のぼりの浮世絵からの影響

現代では国宝級の絵画でさえも写真で鑑賞できますが、江戸の庶民は目にする機会がありません。
市井の職人は、浮世絵などの出版物を参考に絵のぼりを描いたことでしょう。
その跡継ぎは先代の絵を手本としたため、時代が下るごとに誇張や省略をされていきます。
本作は明治~大正期の作で、歌川国芳の影響を感じます。

年代特定のチェックポイント

古い武者絵のぼりの年代特定は布地をチェック
布地を中央で縫い合わせています

絵のぼりの年代特定でベースとなるのは、布地の種類です。
大正期の紡績機械普及以前は、手織り生地が用いられていました。
国産手織り生地の幅は30~40cmだったので、二枚を縫い合わせ幅広くしているのです。
主に明治期以前の作は手織りの生地となっています。

※いわき地方では大正期に手織り生地の例あり。
都市部では明治期に機械織り生地にミシンの例あり。

素朴なおおらかさ

素朴な家紋

本作はそのおおらかさが魅力の民画(みんが)です。
この家紋をご覧ください。
地方で作られ地方で消費された作品ゆえの、素朴な味わいがあります。

2017.11.23 いわき絵のぼり吉田 絵師辰昇(しんしょう)

<<前の記事へ
次の記事へ>>

江戸期の絵のぼり収集記へすすむ
江戸期の絵のぼり収集記
150年以上眠っていた、江戸期の絵のぼり。
収集品から制作者の謎をひも解く。
随時更新。

 手描き武者のぼり制作、いわき絵のぼり吉田のHomeへ

HOMEへ戻る | 手描き武者のぼり制作いわき絵のぼり吉田

関連ページ
  1. ホーム>
  2. 制作者について>
  3. 江戸期の絵のぼり収集記>
  4. 鍾馗図幟/無銘

バナースペース