三代目絵のぼり師 辰昇
いわき絵のぼり吉田TOPへ戻る初代 近藤辰治二代目 宇佐美しずえ三代目 辰昇(サイト管理人)民画の画風いろいろ著作権
このHPを制作している私は、宇佐美しずえの孫で三代目に当たります。雅号として「辰昇(しんしょう)つけました。
先代は女流だったので、初代の近藤辰治から「辰」の字をもらい、「昇」は「絵“のぼり”」をもじって付けました。

工房「滝根庵(たきねあん)」
住所の「滝尻根ノ町」を略して名づけました
※お店ではありません

制作に使う刷毛など

三代目の辰昇(しんしょう)

辰昇略歴
本名:吉田博之  生年月日:1978年4月26日
工房「滝根庵」:〒971-8182福島県いわき市泉町滝尻字根ノ町73>>詳細
制作方針:江戸時代の絵のぼりの力強さを再現する

絵のぼりを志すまで
小さい頃から絵が好きで、16歳で漫画家になりたいと高校を中退。
高校に再入学し、卒業後は建築の専門学校に進む。

祖母の絵のぼりは自分に無縁の世界だと思っていましたが、専門学校 時代、祖母に「跡を継がないか」と言われ、絵のぼりを意識するようにな る。祖母は病気で、絵を教わることの叶わない状況でしたが、「自分の絵 のルーツにあたる絵のぼりを、若いうちに身に付けたい」と、専門学校卒業 後にこの道に入る。
勉強
祖母、曽祖父の残した道具や作品を元に独学開始。絵のぼりに役立て るため、日本画、書道、表具を学習。狩野派や浮世絵を模写。
またこの頃、曽祖父の作品を初めて見て衝撃を受ける。
2004年4月、いわき市観光物産協会へ登録。
現在
制作活動と同時に、江戸明治期の美術的な絵のぼりを収集。
アイスランド駐日大使(2008年)、オマーン駐日大使(2009年)が工房御視 察。渋谷区立松涛美術館図録「江戸の幟旗(2009年)」で全国一と紹介。
主な作品収蔵場所に、杉並大宮八幡宮。

2011年の東日本大震災では工房が大規模半壊(2011年8月に補修)。
原発事故発生をうけ一時自主避難しましたが、当初危惧したよりも当地区 の放射線量が低い事を確認し、仕事を再開しております。

工房二階 のぼりを描く部屋

▽作品動画(クリックで再生)
武者絵のぼりのたて方(簡易式)
鯉に金太郎図室内幟 >> 拡大して観る
鍾馗図室内幟 >> 拡大して観る
>>書籍「江戸の幟旗」で全国一と紹介されました。
ブログ【絵のぼり師の日記】はこちら






内祝い等に 小物グッズ通販 絵のぼり吉田
卓上和紙絵のぼり 本染絵手ぬぐい
卓上和紙絵のぼり【ちびのぼり】
・3,000円+税 手軽な名入れちびのぼり
本染め絵手ぬぐい
・1,200円+税〜 辰昇デザイン


いわき絵のぼり吉田TOPへ戻る初代 近藤辰治二代目 宇佐美しずえ三代目 辰昇(サイト管理人)民画の画風いろいろ著作権
 

当サイトは絵のぼり師 辰昇が運営しています。
※画像、文章などの著作権は当方に帰属します。無断転載、無断複製はお断り願います。
Copyright (C) 2006 Iwakienobori Yoshida All rights reserved.

-武者絵.com-