本文へスキップ

手描き武者のぼり(節句の五月幟)制作 いわき絵のぼり吉田 武者絵.com

お問合せ、ご注文方法

〒971-8182 いわき市泉町滝尻字根ノ町73

  1. ホーム>
  2. 絵のぼりとは?>
  3. どんな人が描いた?江戸の絵師から量産品まで

どんな人が描いた?江戸の絵師から量産品まで

江戸日本橋十軒店兜市1863年 銅版画。貴重な江戸後期の武者のぼりの様子。
「江戸日本橋十軒店兜市1863年」銅版画。
1870年出版。パリ・アシェット社。
絵のぼり吉田蔵

江戸時代の絵のぼりは、当時活躍した絵師が制作を手がけました。
絵師辰昇(しんしょう)の収集品から作例をご紹介。

目次

浮世絵師の手描き

鍾馗図幟 歌川芳輝 江戸後期〜明治初期
鍾馗図幟(しょうきずのぼり)(歌川芳輝(よしてる))。
江戸後期〜明治初期。
230×95cm。唐木綿(とうもめん)製。
歌川国芳の門人。

絵のぼり吉田蔵

いわき絵のぼり絵師の手描き

日本武尊図幟 無銘 明治後期〜大正期
日本武尊図幟(やまとたけるのみことずのぼり)(無銘)。
明治後期〜大正期。
440×67cm。木綿製。
現在のいわき市周辺で制作。

絵のぼり吉田蔵

染師の筒描(つつがき)

神功皇后図幟 無銘 江戸後期
神功皇后図幟(じんぐうこうごうずのぼり)(無銘)。
江戸後期。
820×75cm。木綿製。
染師による手の込んだ高級品。

絵のぼり吉田蔵

染師の筒描(つつがき)

熊谷直実図幟 無銘 江戸後期〜明治初期
熊谷直実図幟(くまがいなおざねずのぼり)(無銘)450×63cm。麻製。
江戸後期〜明治初期。
染師によるラフな描写の普及品。

絵のぼり吉田蔵

絵師の手描き紙幟(かみのぼり)

騎獅子鍾馗図紙幟 粂川祐景 江戸後期
騎獅子鍾馗図紙幟(きしししょうきずかみのぼり)(粂川祐景(くめかわすげかげ))。
江戸後期。
220×125cm。紙製。
栃木県壬生の絵師。

絵のぼり吉田蔵

堤派の手描き座敷(のぼり)

大江山図幟 堤派 江戸後期〜明治初期
大江山図座敷幟(ざしきのぼり)(堤派)。
江戸後期〜明治初期。
104×27cm。縮緬製。
(のぼり)や絵馬を手がけた三代目堤等琳(つつみとうりん)門人の作。

絵のぼり吉田蔵

染師の友禅染座敷(のぼり)

神功皇后図座敷幟 無銘 友禅 江戸後期
神功皇后図幟(じんぐうこうごうずのぼり)(無銘)。
江戸後期〜明治初期。
95×30cm。縮緬製。
友禅染の技法で描かれた室内用絵のぼり。

絵のぼり吉田蔵

浮世絵師の木版画ミニ(のぼり)

浮世絵版画の節句幟 歌川芳虎 江戸後期
節句幟(歌川芳虎(よしとら))。
江戸後期。
37×25cm。木版画のペーパークラフト。
切り貼りしてミニ絵のぼりを工作する。
歌川国芳の門人。

絵のぼり吉田蔵

江戸期の絵のぼり収集記のページへ

江戸期の絵のぼり収集記
リンク先で、江戸期の絵のぼりを一点ずつ紹介していくページを書いています。

参考:歌川広重と絵のぼり

飯島虚心 浮世絵師歌川列伝
引用:飯島虚心「浮世絵師歌川列伝」中央文庫

歌川広重の日記に、絵のぼりを制作した記述があります。
浮世絵師が制作した例としてご紹介。

広重が制作した絵のぼりは次の三点。
・二間に一間の(のぼり)孔明
・二間に一間、鍾馗(しょうき)
唐木綿(とうもめん)小鍾馗

「二間に一間の幟孔明」とは、約360×約180cmの諸葛孔明(しょかつこうめい)絵のぼり

「二間に一間、鍾馗」は孔明と同サイズ、約360×約180cmの鍾馗絵のぼり

「唐木綿小鍾馗」の唐木綿(とうもめん)とは、幅90cmほどの輸入高級木綿。
二間に一間の鍾馗とくらべ「小鍾馗」なので、約200×約90cmの鍾馗絵のぼり

・唐木綿の例)ページ上部、歌川芳輝(よしてる)鍾馗図幟。

これは広重が4月に甲府を訪れた際の日記に書かれています。
季節柄、絵のぼりの注文があったようです。

絵のぼり推薦図書

江戸の幟旗紹介ページへ

江戸の幟旗(のぼりばた)*入手困難

江戸期の絵のぼり名品展図録。
100作品+資料がオールカラーで掲載。
あとがきで当工房を全国一と紹介。
北村勝史(よしちか)、鈴木忠男、林直輝(なおてる)
渋谷区松涛美術館 2009年
古布に魅せられた暮らし紹介ページへ

古布に魅せられた暮らし桜色の章

幟旗(のぼりばた)特集号で、現代の作り手として取材を受けました。
わたしの江戸期絵のぼり収集品も掲載。
学研パブリッシング 2015年
江戸期の絵幟 北村勝史著

江戸期の絵幟(えのぼり)

日本初の絵のぼり専門書。
北村勝史(よしちか)氏25年間の収集品から62点をオールカラーで掲載。
北村勝史著
絵手紙株式会社 1999年
月刊染織α NO,188 1996年11月号

月刊染織αNO.188

北村勝史(よしちか)氏による専門的解説記事が充実。
北村勝史著
染織と生活社 1996年11月号
江戸期の文字幟 北村勝史著

江戸期の文字(のぼり)

こちらは江戸期の社寺祭礼文字(のぼり)としては日本初の専門書。
56点の文字幟がオールカラー。
北村勝史著
絵手紙株式会社 2017年
その他おすすめ
民藝 "特集 日本の幟旗" 北村勝史、尾久彰三ほか著 日本民藝協会 2007年4月号
別冊太陽/藍の華やぎ筒描 平凡社 2003年
民具マンスリー 第31巻2号 "磐城の幟の歴史と現況" 佐藤孝徳著 1998年
別冊太陽/木綿古裂 平凡社 1996年

絵のぼりの制作者

作品が確認された絵師
浮世絵派…葛飾北斎、柳文調、柳文朝、鳥居清元(二代)、鳥居清忠(四代)、歌川国芳、歌川国長、歌川芳輝
土佐派…長安周得
円山派…山口素絢
四条派…長山孔寅
狩野派…英一蝶、弘瀬金蔵、三村晴山、狩野永信、粂川祐景
銅版画家…亜欧堂田善
*その他、博物館蔵や個人蔵多数。
所在不明だが制作記録のある絵師

浮世絵派…歌川広重
堤派…堤等琳(三代)
狩野派…河鍋暁斎

*堤等琳(三代)は、江戸後期の幟絵師や絵馬師の元締め的存在。
*暁斎は、明治6年(1873年)ウィーン万国博覧会に、絵のぼり「神功皇后武内宿禰図」を出品。

地方絵師、染師など
地方の染師、幟絵師の活動履歴は不明なケースが多い。
大らかな作品は、民画の醍醐味を味わえる。
なかには完成度の高い作品を残した者も。
帝室技芸員になった歴史画の大家小堀鞆音(こぼりともと)の父、須藤晏斎(すどうあんさい)は優れた幟絵師だった。

絵のぼりの形式

旗指物(はたさしもの)…戦国時代
武家で用いる旗指物には、家紋、幾何学模様、文字、絵などが描かれる。
これが江戸初期に“絵のぼり”へ変化。
絵のぼり(屋外用)…江戸初期〜現代
江戸初期、武家で旗指物をふくむ武具を虫干しする習慣が、端午節句の絵のぼりに変化。
男児成長を祈願する依代(よりしろ)となった。
文化が江戸から全国へ伝搬するのに、あまり時間はかかっていない。
福島県いわき市では、江戸初期の文献に絵のぼりの記述あり。
まねき(付属品の小旗)…江戸初期〜現代
絵のぼりの先端に取り付け、ひらひらと舞う小旗。
絵のぼりは、男児誕生を神に知らせ招き入れる依代(よりしろ)として飾る。
「まねき」は、神を手招(てまね)きする用具。
紙幟(かみのぼり)…江戸初期〜大正ごろ
江戸初期、安価な紙製の絵のぼりが民間に普及。
武家でも絹製や木綿製と併用された。
耐久性は低い。
凧の制作技術と共通点がある。
絵師の手描きから、浮世絵師による版画まで。
古い作例は、1700年ごろ英一蝶(はなぶさいっちょう)「紙本墨画淡彩鍾馗図」(東京都指定有形文化財)。
座敷幟(ざしきのぼり)(内幟)…江戸中後期〜現代
五月飾り全般が小型化され、室内用の絵のぼりは文化として定着。
※贅沢禁止令が影響した可能性も。
著名絵師の作例が多い。
民間では浮世絵師の木版画ミニ絵のぼりを組み立てた。
素材)絹製、縮緬製、木綿製、紙製。
技法)手描、合羽刷、筒描、友禅、型染、プリント。
鯉のぼり…江戸中期〜現代
江戸中期に武者絵のぼりの付属品として登場。
明治初期まで真鯉のみ。
明治後期に緋鯉などが加わった。
現在のように複数のカラフルな形式となったのは戦後。
昭和初期まで、安価な紙製も多かった。

絵のぼりの制作方法

手描き(肉筆画)…江戸初期〜現代
筆や刷毛で布に絵具を着彩する。
日本画のように絵画的仕上がり。
いわき絵のぼりは手描き。
制作者は町絵師、御用絵師、農閑期の農家など幅広い。
古い作例は、桃山時代の「絹地著色鍾馗図幟」(国指定重要文化財)。
筒描(つつが)き、友禅…江戸初期〜現代
染師が防染糊の線を描き、糊が乾いたのち手彩色。
輪郭線が白抜きでデザイン的な画面構成。
顔や肌が露出した部分のみ、墨線の例が多い。
絵師が下絵を描いた例も。
室内用の小型絵のぼりは、友禅染の例あり。
木版刷り(紙製)…江戸時代
浮世絵版画の歴史とともに発展。
江戸初期は安価な紙製絵のぼりが普及。
そのため木版画の手法も多く用いられた。
例)鳥居派による、大型版木がボストン美術館に収蔵。
江戸後期には歌川派による、小型の組立式絵のぼりシリーズ出版。
合羽刷り…江戸〜昭和
刷毛にふくんだ絵具を直接型紙で布に刷り込み、絵柄をあらわす。
顔のみ手描き。
江戸期の作例は、上方浮世絵の技術と関連している可能性も。
おもに量産目的で技法を用いられた。
ステンシル染。
型染め…明治後期〜現代
型紙で防染糊を置き、糊が乾いたのち彩色する(引き染め、注染等)。
輪郭線が白で表現される。
顔のみ手描き。
いっけん筒描きに近い仕上がりだが、繊細さが異なり量産向き。
染師が制作。
機械染め…昭和〜現代
現代工法によるプリント。
現代物の9割以上がここに分類。
国産以外に、より安価な海外製も。
現代においては絵のぼりの風習を維持する屋台骨。

手描き武者のぼり「いわき絵のぼり吉田」

手描き武者のぼり「いわき絵のぼり吉田」。
福島県指定伝統的工芸品。
絵師による肉筆絵のぼりの世界をご覧下さい。

辰昇作 屋外用 いわき絵のぼりのページへ
伝統の屋外用いわき絵のぼり
辰昇作 いわき絵のぼり 室内用はこちら
近年好評の室内用いわき絵のぼり
 手描き武者のぼり制作、いわき絵のぼり吉田のHomeへ

HOMEへ戻る | 手描き武者のぼり制作いわき絵のぼり吉田

関連ページ
  1. ホーム>
  2. 絵のぼりとは?>
  3. どんな人が描いた?江戸の絵師から量産品まで

バナースペース

家紋の説明 クルリの説明 乳の説明 竿の説明 子持ちの説明 図柄の説明 仮固定部の説明 コバタヤグラの説明 いわき絵のぼりの説明