武者絵.com〜福島の伝統「いわき絵のぼり」の職人辰昇(しんしょう)のサイトへようこそ!〜室内用壁掛け武者幟が好評。簡易節句飾りに使えるオリジナル手拭もご覧下さい。
武者絵のぼり制作方法の系譜


TOP
武者絵のぼりとは?
制作方法
過去の仕事
作家紹介
メディア、展示会
Q&A
ブログ
リンク集
お客様ギャラリー
小物通販SHOP
-作品紹介-
屋外絵のぼり
室内幟壁掛け
軸装
屏風絵
座敷幟
コラボ破魔弓
額絵
板絵
鯉のぼり
色紙
本染手ぬぐい
卓上武者のぼり

-武者絵.com-

いわき絵のぼり吉田
工房滝根庵
mail@musyae.com
ムック本“古布に魅せられた 暮らし〜桜色の章”
幟旗特集に掲載
 学研社2015年2月24日


検索語句を入力



武者絵のぼり制作方法の系譜
武家の旗指物(戦国時代)
・武家では端午節句に、虫干しをかねて当家の旗指物を飾ったといいます。
家紋や幾何学模様、文字など。これが後に“絵のぼり”に発展しました。
手描き幟(安土桃山〜)
・日本画等と同様の肉筆。桃山時代の“絹地着色鍾馗図幟”(重要文化財)が存在す る事から、武家では桃山以前より旗指物に図像を描くケースがありました。除魔招福 の絵を描く。主に町絵師、農閑期の農家、画家が制作。
木版刷り幟(江戸)
・浮世絵版画の発展に伴い、江 戸時代に作られていた。
版木がボストン美術館に収蔵。
鯉のぼり
(江戸中期〜)
・江戸中期に
幟に付ける小
旗として登場。
筒描き幟(江戸時代〜)
・手描きで糊筒による防染糊の 線を描き、手彩色。主に紺屋など の染色業者が制作。
型刷り幟(明治時代〜)
・型友禅、ステンシル染め等。
型染め幟(江戸時代〜)
・型紙で防染糊を置き彩色(引き 染め、注染等)。
機械染め幟(現代)
・現代工法による機械を用いた染め(プリント)。国産以外にもコストの低い海外生産等さまざ まな物があり、現代物の9割以上はここに分類されるそうです。
量産可能な品ですが、取り扱いが楽であるとともに、文化風習の普及には欠かせないもの。


上図は武者絵のぼり制作方法の系譜です。私が知っている範囲での紹介です ので、誤った点がありましたらご指摘いただければ幸いです。

上に位置する制法ほど古い時代からあります。また下に位置するほど量産が可 能になります。いわき絵のぼりは昔ながらの手描き幟です。

“絵のぼりの仕組み”へ進む   絵のぼり吉田TOPへ戻る
>>書籍「江戸の幟旗」で全国一と紹介されました。



内祝い等に 小物グッズ通販 絵のぼり吉田
卓上和紙絵のぼり 本染絵手ぬぐい
卓上和紙絵のぼり【ちびのぼり】
・3,000円+税 手軽な名入れちびのぼり
本染め絵手ぬぐい
・1,200円+税〜 辰昇デザイン

いわき絵のぼり吉田TOPへ戻るいわき絵のぼりとは?武者のぼりの起源こいのぼりの由来
いわき絵のぼりの“歴史”いわき絵のぼりの“特色”武者のぼり制法系譜絵のぼりの仕組著作権



当サイトは絵のぼり師 辰昇が運営しています。
※画像、文章などの著作権は当方に帰属します。無断転載、無断複製はお断り願います。
Copyright (C) 2006 Iwakienobori Yoshida All rights reserved