武者絵.com〜福島の伝統「いわき絵のぼり」の職人辰昇(しんしょう)のサイトへようこそ!〜室内用壁掛け武者幟が好評。簡易節句飾りに使えるオリジナル手拭もご覧下さい。
いわき絵のぼりの“歴史”


いわき絵のぼり吉田TOPへ戻るいわき絵のぼりとは?武者のぼりの起源鯉のぼりの由来
いわき絵のぼりの“歴史”いわき絵のぼりの“特色”武者のぼり制法系譜絵のぼりの仕組著作権
TOP
武者絵のぼりとは?
制作方法
過去の仕事
作家紹介
メディア、展示会
Q&A
ブログ
リンク集
お客様ギャラリー
小物通販SHOP
-作品紹介-
屋外絵のぼり
室内幟壁掛け
軸装
屏風絵
座敷幟
コラボ破魔弓
額絵
板絵
鯉のぼり
色紙
本染手ぬぐい
卓上武者のぼり

-武者絵.com-

いわき絵のぼり吉田
工房滝根庵
mail@musyae.com
ムック本“古布に魅せられた 暮らし〜桜色の章”
幟旗特集に掲載
 学研社2015年2月24日


検索語句を入力




現在の福島県いわき市の周辺地域では、16〜17世紀には既に紙製武者のぼりを立て ていたそうです。磐城平藩主内藤義概(ないとうよしむね〜1619-1685)は風雅なものを好む人 で、1683年(天和3年)7月19日に“端午の節句には、どんどん幟を飾って町を華やかに 飾るよう”に御触れを出しています。その影響もあり、いわき市には武者のぼりの文化が 長く定着したのかもしれません。

明治〜大正期はのぼりの数を競うのが流行した時代です。小ぶりの武者のぼりを数 十本も庭に立てる家があったと聞きます。また使用し終わったのぼりは布団の生地や大 漁旗として再利用されたそうです。

大正〜昭和になると、のぼりの数より大きさを誇るのが主流なり、絵だけで幅2m 以上、長さ7m以上の大のぼりが作られていました。しかし戦争による物資不足の為、大の ぼりの時代は短期間で終わっています。



昔のいわき絵のぼり
・左の写真は明治時代のいわき絵のぼ り。幅約1m、長さ約5mの三反敷というサ イズで、これ以上の大きさの物がかつて は流行しました。しかし第二次世界大戦 による物資不足を機に、特大のぼりの 習慣は下火に。

・下の写真は戦時中のいわき絵のぼり。 のぼりを持つ手が透けて見えるのがお 分かりでしょうか?通常は厚手の木綿等 に描くのですが、物資不足の為に代替 品として、薄手のレーヨン(人造の絹)に 描かれています。
>>この絵のぼり(初代作)の詳細はこちら




広くいわき市に浸透した武者のぼりですが、昭和初期までは単に「こばた(小旗)と呼ぶ のが一般的でした。「いわき絵のぼり」という呼称が定着したのは、昭和30年代後半のこと です。

昭和38年、NHK平放送会館(現 いわき支局)が落成され、その記念として当時のNHK人 気番組「それは私です」が磐城高等学校講堂より中継されました。そこでいわきの「こば た」を紹介する際にもっと良い名称を、との話になり「いわき絵のぼり」と名付けられまし た。番組に出演したのが私の先代で、祖母のしずえです。
その時の模様は>>ニ代目絵のぼり師 宇佐美しずえのページに載っています。

・小名浜港利用促進協議会(事務局:いわき市みなと課)が、ス ウェーデンはイェブレ市の市長に、記念品として掛け軸を贈呈す る様子(2006年コンテナ貨物調査のため訪問)


最近は住宅事情の変化か ら、室内に飾れる壁掛け、額 装、軸装などの需要が増えて います。


またそのような室内品は、日 本の伝統民芸として、海外へ の贈答にも大変喜ばれてい ます。


“いわき絵のぼりの特色”へ進む   絵のぼり吉田TOPへ戻る

>>書籍「江戸の幟旗」で全国一と紹介されました。



内祝い等に 小物グッズ通販 絵のぼり吉田
卓上和紙絵のぼり 本染絵手ぬぐい
卓上和紙絵のぼり【ちびのぼり】
・3,000円+税 手軽な名入れちびのぼり
本染め絵手ぬぐい
・1,200円+税〜 辰昇デザイン

いわき絵のぼり吉田TOPへ戻るいわき絵のぼりとは?武者のぼりの起源こいのぼりの由来
いわき絵のぼりの“歴史”いわき絵のぼりの“特色”武者のぼり制法系譜絵のぼりの仕組著作権



当サイトは絵のぼり師 辰昇が運営しています。
※画像、文章などの著作権は当方に帰属します。無断転載、無断複製はお断り願います。
Copyright (C) 2006 Iwakienobori Yoshida All rights reserved.