本文へスキップ

手描き武者のぼり(節句の五月幟)制作 いわき絵のぼり吉田 武者絵.com

お問合せ、ご注文方法

〒971-8182 いわき市泉町滝尻字根ノ町73

  1. ホーム>
  2. 絵のぼりとは?>
  3. 武者絵のぼりって?画像でみる歴史

武者絵のぼりって?画像でみる起源(由来)と歴史

江戸中期の武者のぼりと旗指物と兜と五月人形
江戸中期の端午節句図(無銘)。
絵のぼり吉田蔵
目次

絵のぼりの起源は武士の旗指物(はたさしもの)

戦国時代の旗指物
旗指物(はたさしもの)
引用:川中島大合戦絵図(歌川貞秀)より

武者絵のぼりの起源は、武士の「旗指物(はたさしもの)」に由来します。

旗指物とは、武士の軍旗(ぐんき)
これが江戸時代になって絵のぼりに変化しました。

太平の世になり武具が五月の端午節句飾りへ

戦国時代が終わると、先祖伝来の武具はお祝いの儀式に用いるように。
男の子の端午節句では、虫干しも兼ね武具を屋外に飾りました。

江戸中期の節句幟(五月幟、武者絵のぼり)図
端午節句襖図下絵(無銘)。江戸中期。
絵のぼり吉田蔵

旗指物(はたさしもの)には、絵師による男児成長祈願の美しい絵。
神へ男児誕生を知らせるとともに、往来の人々を楽しませました。
これが節句(のぼり)(武者絵のぼり)のはじまりです。

江戸時代、絵師のキャンバスとなり広く浸透

五月の景 葛飾北斎
絵のぼりを飾った景色。
引用:五月の景(葛飾北斎/1805年)より

武具だった旗指物は、太平の世が訪れると絵師のキャンバスに。
江戸時代の町人文化発達とともに絵のぼり文化が開花したのです。

端午の青空にはためく、心はずむ絵画。
図柄の題材は、どれも子供の幸せを願っています。
絵のぼりの風習は全国へ広がり、民間でも多く飾られました。

絵のぼりは絵師の腕の見せどころ

歌川芳輝 鍾馗図節句のぼり 江戸後期
鍾馗図幟(歌川芳輝)。江戸後期。
絵のぼり吉田蔵

江戸時代に絵のぼりを描いたのは染師地方絵師町絵師御用絵師など。
縦長のキャンバスに工夫を凝らしました。
あの葛飾北斎も大きな「朱鍾馗図幟(しゅしょうきずのぼり)」を制作。

実は江戸期の絵のぼりは、家庭の蔵で長年忘れられています。
あなたのお宅に絵師の作品が眠っているかも?

武者のぼりをどんな人が描いた?江戸の絵師から量産品まで
どんな人が描いた?江戸の絵師から量産品まで

江戸〜明治は外飾りの主流

江戸後期の端午節句〜東都歳時記端午市井図
江戸後期の端午節句
引用:東都歳時記-端午市井図(1838年)より

明治ごろまで、絵のぼりは節句外飾りの主流でした。
実は、鯉のぼりは江戸中期に絵のぼりの付属品として誕生。
明治ごろまでの人々は、武具がルーツの絵のぼりを鯉のぼりよりも重視していたのです。

鯉のぼりの起源は以下のページへ。鯉のぼりの由来と起源〜武者のぼりとの関係
ご存知ですか?鯉のぼりと絵のぼりの関係!

なぜ「武者絵のぼり」と呼ばれる?

昭和中期の武者絵のぼり
義経の弓流し図幟(近藤辰治)。昭和中期。
絵のぼり吉田蔵

もとは節句幟(せっくのぼり)などと呼ばれましたが、武者絵がよく描かれるイメージから、近年は通称「武者絵のぼり」と呼ばれます。

古い呼称の例:節句(のぼり)、五月(のぼり)、のぼり絵、絵のぼり、小旗、矢旗など。

素材や大きさの歴史

端午節句 喜多川歌麿
室内用小型絵のぼり。
引用:端午節句(喜多川歌麿/1803年)より。

江戸初期
安価な紙製絵のぼりが普及。
武家や商家では絹製や木綿製を飾り、家の(ほこ)りとしました。

江戸中期〜後期
木綿製が普及。
鯉のぼりの原型が登場。
屋外だけでなく室内用の小型絵のぼりも普及。
浮世絵師の木版画絵のぼり出版。

明治後期以降
型染めや印刷の量産品が普及。
現在では流通する武者絵のぼりの9割以上がプリント製品。
当工房では微力ながら、手描きの伝統を守り続けてまいります。

まとめ

・絵のぼりは武具が変化して江戸時代に誕生。
当時活躍した絵師や染師が制作した。

・神の依代(よりしろ)として、男児成長祈願の図柄を描く。

・鯉のぼりは絵のぼりの付属品として誕生。

さらに詳しい歴史は、収集家北村勝史(よしちか)氏の著作をご参照ください。
当サイトでは制作家の立場から、情報を発信してまいります。

よくあるご質問
Q. 武者絵のぼりは、武家のものですか?
A. もとは武家の旗指物(はたさしもの)から派生したものですが、武家以外でも飾りました。
「武者絵のぼり」という字面から「武者(武家)のみに使用が許された絵のぼり」と誤解する方もおられますが、分け隔てなく飾られてきました。
庶民の使用を禁じた一部地域はあったかもしれません。
Q. 鯉のぼりとは違うの?
A. 鯉のぼりは、江戸中期になって江戸の商人が考案しました。
絵のぼりの定番図柄「鯉の滝昇り」を立体におこし、絵のぼりの付属品としたのがはじまりです。
こいのぼりは漢字で「鯉幟」と書きます。
(のぼり)」とは絵のぼりのように細長い旗のことですので、漢字にもその成り立ちが表されているのです。
詳しくは下記ページへ。

豆知識:ご存知ですか?鯉のぼりとの関係!

手描き武者のぼり「いわき絵のぼり吉田」

手描き武者のぼり「いわき絵のぼり吉田」。
福島県指定伝統的工芸品。
絵師による肉筆絵のぼりの世界をご覧下さい。

辰昇作 屋外用 いわき絵のぼりのページへ
伝統の屋外用いわき絵のぼり
辰昇作 いわき絵のぼり 室内用はこちら
近年好評の室内用いわき絵のぼり
 手描き武者のぼり制作、いわき絵のぼり吉田のHomeへ

HOMEへ戻る | 手描き武者のぼり制作いわき絵のぼり吉田

関連ページ
  1. ホーム>
  2. 絵のぼりとは?>
  3. 武者絵のぼりって?画像でみる歴史

バナースペース

家紋の説明 クルリの説明 乳の説明 竿の説明 子持ちの説明 図柄の説明 仮固定部の説明 コバタヤグラの説明 いわき絵のぼりの説明