武者絵.com〜福島の伝統「いわき絵のぼり」の職人辰昇(しんしょう)のサイトへようこそ!〜室内用壁掛け武者幟が好評。簡易節句飾りに使えるオリジナル手拭もご覧下さい。
武者のぼりの起源


いわき絵のぼり吉田TOPへ戻るいわき絵のぼりとは?武者のぼりの起源鯉のぼりの由来
いわき絵のぼりの“歴史”いわき絵のぼりの“特色”武者のぼり制法系譜絵のぼりの仕組著作権
TOP
武者絵のぼりとは?
制作方法
過去の仕事
作家紹介
メディア、展示会
Q&A
ブログ
リンク集
お客様ギャラリー
小物通販SHOP
-作品紹介-
屋外絵のぼり
室内幟壁掛け
軸装
屏風絵
座敷幟
コラボ破魔弓
額絵
板絵
鯉のぼり
色紙
本染手ぬぐい
卓上武者のぼり

-武者絵.com-

いわき絵のぼり吉田
工房滝根庵
mail@musyae.com
ムック本“古布に魅せられた 暮らし〜桜色の章”
幟旗特集に掲載
 学研社2015年2月24日


検索語句を入力


武者のぼりの起源は、「戦国武将の旗指物」にあるとされます。室町時代末期の武 家社会には端午節句に「旗指物(家紋を染め抜いたのぼり旗)」を虫干しをかねて飾る 風習があったようです。武家の風習を庶民が真似、端午の節句に武者のぼりを全国 各地で立てるようになりました。

東都歳時記-端午市井図 天保9年(1838年)
武家の幟は「家紋のみ」が普通で絵が描いてあるものは少なく、それに比べ庶民の 幟は「鍾馗、金太郎、武者絵」等が描かれ、お祭りの賑わう雰囲気を一層引き立てまし た。手描きののぼり旗が町中に飾られた景観はさぞ見事だった事でしょう。

幟に描かれる図柄は、大人が子供に「幸せな人生を送ってほしい」という願いを 込めたものであり、「願いが天にのぼり通じるよう」に細長い幟旗に描いた、心願成就 のための用具だったようです。現代ではその図柄に武者絵が多い事から、通称「武者 のぼり」と呼ばれています(当サイトでも便宜上武者のぼりと表記)。
「絵のぼり」「節句幟」と呼ぶ方がより正確です。「武者(武家)のみに使用が許され た幟」という意味ではなく、実際は武家以外でも絵のぼりを立てていました。
江戸時代以降の太平の世になると、武者のぼりの文化が本格的に華を開きます。
葛飾北斎の摺物「五月の景」図
葛飾北斎「五月の景」文化2年(1805年)頃の、幟が飾られた町の景観

江戸時代にのぼりの絵を描いていたのは染物業などの専門の職人だと思われますが、 浮世絵師や狩野派などの画家も注文に応じてのぼりを描きました。葛飾北斎の描いた 「朱鍾馗図幟」(ボストン美術館所蔵)は日本でも公開され話題になりました(肉筆武者のぼりはサ イズが大きいために蒐集家や研究家が少なく、埋もれた秀作が個人宅に眠っています)

幕末 江戸日本橋十軒店の端午の節句の図(1870年) パリ・アシエット社版画
また絵心のある農民が、農閑期を利用してのぼりを描いた例も多かったようです。手描 きののぼりは高級品でしたので、買えない家庭では自分たちで初節句に鍾馗などの絵を 描きお祝いしました。歌川派などの浮世絵師による、木版画の組み立て式ミニ絵のぼり も、数多く出版されています。

江戸期は木綿が貴重だった為、多くののぼりが紙製でした。木綿製の丈夫なのぼり が普及したのは、江戸期以降に木綿が安定供給されるようになってからです。残念なこと に紙製ののぼりは木綿と比べ耐久性が悪く、現物があまり残っていません(武者のぼりの研究 がされてこなかった理由が、ここにもあります。鯉のぼりも同様に紙製だったため、現物は少ないようです)
歌川国芳「しんば連 魚かし連 市川三升へ送之」
歌川国芳「しんば連 魚かし連 市川三升へ送之」 幟と鯉幟(見立て絵)1849年
その一方、武家では高価な絹製ののぼりを作らせ出来栄えを誇ったといいます。このよ うに武者のぼりの風習は、あらゆる身分の人たちにまで浸透していきました。ちなみ に自分の家で節句にのぼりを手作りするという習慣は長い間名残をとどめており、昭和に 入ってからも、のぼりに竿を通す「乳(ち)」という輪を購入者が自分で縫い付けていました。
“こいのぼりの由来”へ進む   絵のぼり吉田TOPへ戻る

ブログで「江戸期の幟」を紹介しています。興味のある方はご覧下さい。

>>書籍「江戸の幟旗」で全国一と紹介されました。



内祝い等に 小物グッズ通販 絵のぼり吉田
卓上和紙絵のぼり 本染絵手ぬぐい
卓上和紙絵のぼり【ちびのぼり】
・3,000円+税 手軽な名入れちびのぼり
本染め絵手ぬぐい
・1,200円+税〜 辰昇デザイン

いわき絵のぼり吉田TOPへ戻るいわき絵のぼりとは?武者のぼりの起源こいのぼりの由来
いわき絵のぼりの“歴史”いわき絵のぼりの“特色”武者のぼり制法系譜絵のぼりの仕組著作権



当サイトは絵のぼり師 辰昇が運営しています。
※画像、文章などの著作権は当方に帰属します。無断転載、無断複製はお断り願います。
Copyright (C) 2006 Iwakienobori Yoshida All rights reserved.