本文へスキップ

手描き武者のぼり(節句の五月幟)制作 いわき絵のぼり吉田 武者絵.com

お問合せ、ご注文方法

〒971-8182 いわき市泉町滝尻字根ノ町73

  1. ホーム>
  2. 制作者について>
  3. 江戸期の絵のぼり収集記>
  4. 三国志図幟/無銘

江戸期の絵のぼり収集記CONTACT US

06.三国志図(のぼり) 無銘 非売品

三国志図幟 無銘 江戸後期
・三国志図(のぼり)(手描き)無銘。
江戸後期。
約280×約37cm。麻製。
・丸に花菱紋まねき(手描き)無銘。
江戸後期。
約94×約18cm。木綿製。

絵のぼり吉田蔵

江戸期は中国題材の絵が流行

江戸後期の節句幟は中国題材が流行

浮世絵には中国題材が多いですが、江戸期の絵のぼりも同様です。
当時は中国の説話が一般に浸透。
なかでも三国志関連が人気で、浮世絵で人気の水滸伝(すいこでん)は、絵のぼりにあまり登場しません。
はぐれ者の豪傑たちを扱った物語は、男児の節句幟(せっくのぼり)と距離を置かれたのでしょう。

本作は江戸後期に麻へ手描き、産地は不詳。
武将は三国志の関羽(かんう)張飛(ちょうひ)だと思われますが、絵からは判別つきません。
(張飛かな?という気がします。)

ユーモラスな人物描写

江戸期のユーモラスな人物描写

特徴的な人物描写をする絵師で、遠景の逃げる兵士たちがユーモラスに微笑んでいます。
そういう一場面なのかもしれません?

(のぼり)の付属品=まねき(小旗)

絵のぼりの付属品=まねき(小旗)

付属した家紋入りの小旗を「まねき」といいます。
絵のぼりは男児誕生を神に知らせる目的で飾るのですが、ちょうど神を手招きするようにひらひらと風に舞うので、まねきと呼ばれるのかもしれません。

2017.11.23 いわき絵のぼり吉田 絵師辰昇(しんしょう)

<<前の記事へ
次の記事へ>>

江戸期の絵のぼり収集記へすすむ
江戸期の絵のぼり収集記
150年以上眠っていた、江戸期の絵のぼり。
収集品から制作者の謎をひも解く。
随時更新。

 手描き武者のぼり制作、いわき絵のぼり吉田のHomeへ

HOMEへ戻る | 手描き武者のぼり制作いわき絵のぼり吉田

関連ページ
  1. ホーム>
  2. 制作者について>
  3. 江戸期の絵のぼり収集記>
  4. 三国志図幟/無銘

バナースペース