“八幡太郎勿来の関通過の図”の由来
文武両道(地元福島県いわき市が舞台の図柄)


八幡太郎義家(はちまんたろうよしいえ)(1039-1106)とは通称の呼び名で、本名は源義家(みなもとのよし いえ)。鎮守府将軍頼義の長男として平安時代に生まれました。

父とともに1051年より前九年の役で戦い、陸奥の豪族安部貞任(あべのさだとう)らを討ち、その功に より従五位下出羽守に任ぜられました。

1083年、陸奥守兼鎮守府将軍(ちんじゅふしょうぐん)になった義家は奥州清原氏の家督相続争いを 治めるために介入し(後三年の役〜ごさんねんのえき)、これを平定しました。ただしこの戦いは私闘とみ なされ、義家は朝廷から功賞を得られませんでした。そこで私財を投じて部下たちをねぎらったと 言われています。

奥州に向かう際、勿来の関(現福島県いわき市勿来)で義家が詠んだ歌
吹く風を 勿来の関と 思へども
道もせに散る 山桜かな
は、千載集にも載っている有名な和歌です。

八幡太郎義家は文武両道でたくましい子供に育ってほしいとの願いを込めて節句幟に描かれて きました。いわき絵のぼりの八幡太郎は、この勿来の関を通過する際に歌を詠んだ場面が描かれ ています。
いわき絵のぼり師 辰昇(しんしょう)

“八幡太郎義家”“武者絵関連”の作品
八幡太郎幟
手拭よろい紺匂威/絵のぼり師の絵てぬぐい
手拭よろい紅裾松葉威/絵のぼり師の絵てぬぐい
手拭よろい色々威/絵のぼり師の絵てぬぐい
八幡太郎幟
手拭“よろい紺匂威”
手拭“よろい紅裾松葉威”
手拭“よろい色々威”


武者のぼり図柄の由来〜古人が込めた願い
武者絵のぼり図柄の由来〜古人が込めた願い
鍾馗(しょうき) 七福神
恵比寿大黒 弁財天
恵比寿 大黒
鶴亀
高砂
藤娘 熊に金太郎
鯉に金太郎 金太郎
神武天皇 神功皇后
秀吉と清正 八幡太郎勿来関
宇治川先陣争い 龍虎
鯉の滝昇り
義経の弓流し 波兎
若駒 桐鳳凰


*武者.comは端午節句の伝統工芸のぼり旗
いわき絵のぼりの絵師、
辰昇(しんしょう)が運営しています。
武者絵.com〜いわき絵のぼり吉田 http://www.musyae.com/へ
>> 武者絵.com TOPへ
手描き武者のぼり「いわき絵のぼり」辰昇作品
いわき絵のぼり〜屋外用武者絵のぼり(鍾馗幟、龍虎幟)作品
いわき絵のぼり〜室内用武者絵のぼり(鍾馗幟、龍虎幟)作品
いわき絵のぼり(武者のぼり)〜屏風絵作品
いわき絵のぼり(武者のぼり)〜額絵


内祝い等に 小物グッズ通販 絵のぼり吉田
卓上和紙絵のぼり 本染絵手ぬぐい
卓上和紙絵のぼり【ちびのぼり】
・3,000円+税 手軽な名入れちびのぼり
本染め絵手ぬぐい
・1,200円+税〜 辰昇デザイン
 

当サイトは絵のぼり師 辰昇が運営しています。
※画像、文章などの著作権は当方に帰属します。無断転載、無断複製はお断り願います。
Copyright (C) 2006 Iwakienobori Yoshida All rights reserved.

-武者絵.com-