本文へスキップ

手描き武者のぼり(節句の五月幟)制作 いわき絵のぼり吉田 武者絵.com

お問合せ、ご注文方法

〒971-8182 いわき市泉町滝尻字根ノ町73

  1. ホーム>
  2. 絵のぼりとは?>
  3. 各図柄の由来>
  4. 恵比寿大黒の由来

恵比寿大黒の由来CONCEPT

招福、商売繁盛祈願の図柄

大黒さまと恵比寿さまは共に七福神の一人で、大黒さまは豊作の神様、恵比寿さまは漁の神様、二人あわせて招福、商売繁盛の商い神として古くから民間信仰の対象となり親しまれています。

大黒さまはもともと日本の神様ではなく、古代インドで人の生死を司る神様として、恐れられる存在でした。
それが最澄の手によって中国から日本に伝えられると、徐々にやさしい福の神として庶民の間に浸透していきました。

一方恵比寿さまは、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)の子供である蛭子尊(ひるこのみこと)が元になっているとされます。
足が不自由だった蛭子尊は、幼少時に親の伊弉諾尊に葦の船に乗せられ海に捨てられてしまい、漂着した地で海の神様として祀られました。
「蛭子」がエビスと読めることから現在の恵比寿 さまになったといいます。
ただし恵比寿さまの由来についてはこの他にも様々な説が伝えられていて、どれが正しいのか分かっていません。

狩衣を着たのが恵比寿、小槌を持って頭巾をかぶり袋を担いでいるのが大黒です。

いわき絵のぼり吉田

恵比寿大黒の由来 
恵比寿大黒 辰昇画
よくあるご質問
Q. 文章の転載は可能ですか?
A. はい。
転載&引用に際しては「出典:いわき絵のぼり吉田」の記載をお願いします。
ご自身が書いたかのような形での転載、無断の商用利用は禁止です。
著作権のページへ
関連ページ
  1. ホーム>
  2. 絵のぼりとは?>
  3. 各図柄の由来>
  4. 恵比寿大黒の由来

バナースペース