“鯉に金太郎”の由来〜身体堅固・出世祈願・無病息災・初節句


熊と相撲を取ったり巨鯉をつかまえたりといった、朗らかで逞しい逸話でお馴染みの金太郎です が、そんな金太郎は何時どのようにして生まれたのでしょうか。

そのモデルとなったと言われる人物が平安時代の武士坂田公時(さかたのきんとき)です。公時は、 平安中期の武将源頼光(みなもとのよりみつ)(948-1021)の四天王として仕えた人物で、酒呑童子(しゅて んどうじ)退治の伝説で知られます。

江戸時代になってから、浄瑠璃(じょうるり)などで公時が主人公の物語が上演されるようになり、 その際公時の幼少時代として腕白な金太郎が考え出されました。当初は「怪童丸(かいどうまる) 呼ばれていたようです。やがて公時よりも子供時代の金太郎の方が有名になりました。

「鯉に金太郎」は「鯉金(こいきん)と呼ばれ江戸時代より男の子の立身出世、逞しく健康にとの願 いを込めて描かれてきた伝統的な図柄です。鯉は天に昇って龍に変化するといわれており、端午 の節句の鯉のぼりも元をたどると絵のぼりの「鯉の滝のぼり」の図柄を元に江戸庶民によって考え 出されたものとされています。
いわき絵のぼり師 辰昇(しんしょう)

“鯉に金太郎”の作品
鯉に金太郎室内幟/いわき絵のぼり
卓上名入れ武者のぼり“鯉に金太郎”
卓上名入れ武者のぼり“鯉の滝昇り”
鯉に金太郎幟
鯉に金太郎室内幟
卓上名入れ武者のぼり
“鯉に金太郎”
卓上名入れ武者のぼり
“鯉の滝昇り”


武者のぼり図柄の由来〜古人が込めた願い
武者絵のぼり図柄の由来〜古人が込めた願い
鍾馗(しょうき) 七福神
恵比寿大黒 弁財天
恵比寿 大黒
鶴亀
高砂
藤娘 熊に金太郎
鯉に金太郎 金太郎
神武天皇 神功皇后
秀吉と清正 八幡太郎勿来関
宇治川先陣争い 龍虎
鯉の滝昇り
義経の弓流し 波兎
若駒 桐鳳凰


*武者.comは端午節句の伝統工芸のぼり旗
いわき絵のぼりの絵師、
辰昇(しんしょう)が運営しています。
武者絵.com〜いわき絵のぼり吉田 http://www.musyae.com/へ
>> 武者絵.com TOPへ
手描き武者のぼり「いわき絵のぼり」辰昇作品
いわき絵のぼり〜屋外用武者絵のぼり(鍾馗幟、龍虎幟)作品
いわき絵のぼり〜室内用武者絵のぼり(鍾馗幟、龍虎幟)作品
いわき絵のぼり(武者のぼり)〜屏風絵作品
いわき絵のぼり(武者のぼり)〜額絵


内祝い等に 小物グッズ通販 絵のぼり吉田
卓上和紙絵のぼり 本染絵手ぬぐい
卓上和紙絵のぼり【ちびのぼり】
・3,000円+税 手軽な名入れちびのぼり
本染め絵手ぬぐい
・1,200円+税〜 辰昇デザイン
 

当サイトは絵のぼり師 辰昇が運営しています。
※画像、文章などの著作権は当方に帰属します。無断転載、無断複製はお断り願います。
Copyright (C) 2006 Iwakienobori Yoshida All rights reserved.

-武者絵.com-