本文へスキップ

手描き武者のぼり(節句の五月幟)制作 いわき絵のぼり吉田 武者絵.com

お問合せ、ご注文方法

〒971-8182 いわき市泉町滝尻字根ノ町73

  1. ホーム>
  2. 絵のぼりとは?>
  3. 各図柄の由来>
  4. 宇治川先陣争いの由来

宇治川先陣争いの由来CONCEPT

競争勝利祈願の図柄

宇治川先陣争いは、平安時代末期の有名な逸話のひとつです。

1184年、後白河法皇から木曽義仲(きそよしなか)追討を命じられた源頼朝(みなもとのよりとも)が、弟の源義経(みなもとのよしつね)軍を先発隊として出兵させました。
義経軍が宇治川に到着すると、宇治橋は義仲軍により壊されていて、渡ることが出来ません。
川の中を渡ろうにも、対岸には義仲軍が待ち構えていて矢を放ってきます。
そこで「我が先陣を切って川を渡る」と名乗り出たのが、梶原景季(かじわらかげすえ)佐々木高綱(ささきたかつな)の二人でした。

白馬に乗った佐々木高綱に、黒馬に乗った梶原景季。
実はこの二人には白い名馬生月(いけづき)をめぐり争った過去があり、生月は佐々木に与えられています。
いっぽう梶原に与えられたのは、黒い名馬磨墨(するすみ)
以来二人の間には、並々ならぬ競争心がわいていたのです。

佐々木と梶原は宇治川に飛び込み、我先にと対岸へ渡るべく意気込んでいます。
初めは梶原が先を行っていました。
そこで佐々木が梶原に「梶原どの、この大事に馬の腹帯が緩んでいるぞ」と親切を装い声をかけました。
梶原が腹帯を確認している隙をみて、佐々木が宇治川を渡り切り、敵軍へ先陣を果たしたのです。

いわき絵のぼりの「宇治川先陣争い」は、佐々木が梶原を追い抜いた場面を描いています。
その為この図柄には、競争に打ち勝つという意味が込められています。

いわき絵のぼり吉田

宇治川先陣争いの由来 
宇治川先陣争い 辰治画
よくあるご質問
Q. 文章の転載は可能ですか?
A. はい。
転載&引用に際しては「出典:いわき絵のぼり吉田」の記載をお願いします。
ご自身が書いたかのような形での転載、無断の商用利用は禁止です。
著作権のページへ

宇治川先陣争いの他、以下に各図柄由来もご紹介

以下、いわき絵のぼり図柄の由来一覧です。
古人が様々な物語に託した男児成長祈願。
クリックで解説ページへ。

神仏

06. 大黒

説話、神話

12. 高砂

武者絵

動物

18. 龍虎

23. 若駒

24. 鶴亀

25.

26.

絵のぼりって?分かり易く解説

検索サイトからご訪問の皆さま、あの北斎も手掛けた「絵のぼり」はご存知ですか?
絵のぼりについては以下ページへ。
武者絵のぼりって?画像でみる歴史のページへ
武者絵のぼりって?画像でみる歴史

江戸期の絵のぼり収集記へ
江戸期の絵のぼり収集記

 手描き武者のぼり制作、いわき絵のぼり吉田のHomeへ

HOMEへ戻る | 手描き武者のぼり制作いわき絵のぼり吉田

関連ページ
  1. ホーム>
  2. 絵のぼりとは?>
  3. 各図柄の由来>
  4. 宇治川先陣争いの由来

バナースペース