“宇治川の先陣争い”の由来〜競争勝利


「宇治川の先陣争い」は平安時代末期の最も有名な逸話のひとつです。

1184年、後白河法皇から「木曽義仲(きそよしなか)追討」を命じられた源頼朝(みなもとのよりとも) が、弟の源義経(みなもとのよしつね)軍をまず先発隊として出兵させました。義経軍が宇治川に到着す ると、宇治橋は義仲軍により壊されていて、渡ることが出来ません。川の中を渡ろうにも、対岸に は義仲軍が待ち構えていて矢を放ってきます。そこで「我が先陣を切って川を渡る」と名乗り出たの 梶原景季(かじわらかげすえ)佐々木高綱(ささきたかつな)の二人でした。

絵のぼりに描かれている白馬に乗った武士が佐々木高綱、黒い馬に乗った武士が梶原景季で す。実はこの二人には遺恨があり、以前佐々木と梶原が頼朝の白い名馬「生月(いけづき)を欲しが っており、結局この白馬生月は佐々木に与えられました。梶原には黒い名馬「磨墨(するすみ)が与 えられました。それ以来二人の間には並々ならぬ競争心がわいていたのです。

佐々木と梶原は宇治川に飛び込み、自分が先に対岸へ渡ろうと意気込みます。初めは磨墨に乗 った梶原が先を行っていました。そこで佐々木が梶原に「梶原どの、この大事に馬の腹帯が緩んで いるぞ」と親切を装い声をかけました。それを聞いた梶原が腹帯を確認している隙に、佐々木は先 に宇治川を渡りきり、見事に敵軍へ先陣を果たしたのです。

いわき絵のぼりの「宇治川の先陣争い」は、佐々木が梶原に声をかけ、追い抜いた場面を描いて います。その為この図柄は競争に打ち勝つという意味が込められています。
いわき絵のぼり師 辰昇(しんしょう)

“武者絵関連”の作品
手拭よろい紺匂威/絵のぼり師の絵てぬぐい
手拭よろい紅裾松葉威/絵のぼり師の絵てぬぐい
手拭よろい色々威/絵のぼり師の絵てぬぐい
手拭“よろい紺匂威”
手拭“よろい紅裾松葉威”
手拭“よろい色々威”


武者のぼり図柄の由来〜古人が込めた願い
武者絵のぼり図柄の由来〜古人が込めた願い
鍾馗(しょうき) 七福神
恵比寿大黒 弁財天
恵比寿 大黒
鶴亀
高砂
藤娘 熊に金太郎
鯉に金太郎 金太郎
神武天皇 神功皇后
秀吉と清正 八幡太郎勿来関
宇治川先陣争い 龍虎
鯉の滝昇り
義経の弓流し 波兎
若駒 桐鳳凰


*武者.comは端午節句の伝統工芸のぼり旗
いわき絵のぼりの絵師、
辰昇(しんしょう)が運営しています。
武者絵.com〜いわき絵のぼり吉田 http://www.musyae.com/へ
>> 武者絵.com TOPへ
手描き武者のぼり「いわき絵のぼり」辰昇作品
いわき絵のぼり〜屋外用武者絵のぼり(鍾馗幟、龍虎幟)作品
いわき絵のぼり〜室内用武者絵のぼり(鍾馗幟、龍虎幟)作品
いわき絵のぼり(武者のぼり)〜屏風絵作品
いわき絵のぼり(武者のぼり)〜額絵


内祝い等に 小物グッズ通販 絵のぼり吉田
卓上和紙絵のぼり 本染絵手ぬぐい
卓上和紙絵のぼり【ちびのぼり】
・3,000円+税 手軽な名入れちびのぼり
本染め絵手ぬぐい
・1,200円+税〜 辰昇デザイン
 

当サイトは絵のぼり師 辰昇が運営しています。
※画像、文章などの著作権は当方に帰属します。無断転載、無断複製はお断り願います。
Copyright (C) 2006 Iwakienobori Yoshida All rights reserved.

-武者絵.com-