初代絵のぼり師 近藤辰治
いわき絵のぼり吉田TOPへ戻る初代 近藤辰治二代目 宇佐美しずえ三代目 辰昇(サイト管理人)民画の画風いろいろ著作権

初代絵のぼり師、近藤辰治の描いた作品です。※すべて非売品
意匠と文章の二次使用を固く禁じます。著作権に関するページへ

座敷幟(室内用) 熊に金太郎辰治画
拡大図

座敷幟(室内用) 鍾馗辰治画
拡大図

座敷幟(室内用) 辰治画
拡大図

座敷幟(室内用) 辰治画
拡大図




絵のぼり神武天皇辰治画
拡大図

絵のぼり神功皇后辰治画
拡大図

絵のぼり鬼と鍾馗辰治画
拡大図


絵のぼり鍾馗辰治画
拡大図

絵のぼり鍾馗辰治画
拡大図

絵のぼり鍾馗辰治画
拡大図


絵のぼり宇治川先陣争い辰治画
拡大図

絵のぼり七福神辰治画
拡大図


初代絵のぼり師 近藤辰治
私の曽祖父で初代の絵のぼり師、近藤辰治(1880-1961)は生涯現役で絵のぼりを描いていました。「生きるが ごとくの幟を描く」と称された佐藤周吉という方や、古川銀蔵という方に習っていたそうです。
制作技術の系譜自体は江戸期以前まで遡れるようですが、民間絵 師の話ゆえ現在では大部分が不詳です(いわき市では江戸初期の 1600年代から絵のぼり文化があった事が分かっています)。
独立後はいわき市平字大舘の工房で、基本的に全ての作業を一人 で行っていました。

草稿龍と波宝珠
また「矢羽根」という、棟上式(上棟式)の時に奉納する鶴亀図など の制作も手がけておりました。
曽祖父の絵は独特の強弱ある線が特徴で、明治〜大正期の職 人の息遣いを感じます。
他地域に卸すなどした数モノの作品は、荒々しい完成度で通常は 無落款(卸先の店の印などが入っている事があります)。
一点モノの高級ラインの作品などには自らの号を入れており、
美術工芸品として評価されるべき水準の作品があります。
*ここで紹介しているものでは、上記一連の「座敷幟」作品が一点モ ノだったようです。
仕事に対するこんなエピソードが残っています。忙しい時には食卓 の傍にまで筆と硯を置き、図柄を思いつくと、食事を中断して草稿を 描いたそうです。いい絵を描く、という事がそのまま生活の基盤につ ながっていた時代ならではのエピソードでしょう。
研究熱心で、名品の絵のぼりを見るために、子供を連れて各地域 を歩きまわったそうです(その子供が後の二代目宇佐美しずえ)。
また当時の絵のぼり組合とは一定の距離を置き、独自に高級ライ ンの幟の制作をする機会が多かったようです。

和紙に描かれた絵のぼりの下絵です。全長およそ2m
あります。痛みが激しいため、現在は新しく描き写した
ものを使用しています。

諸葛孔明の絵のぼりの下絵です。他に「黄石公と張良」など、
現在では描かれなくなった図柄が結構あります。また今となっ
ては、何の図柄なのか不明な下絵が多くあります。


これが近藤辰治の雅号印です。いわき市在住の方はお宅にある古い 絵のぼりを蔵から出してみてください。曽祖父の作品かもしれません。 曽祖父の物でなくても、江戸〜大正期のいわき絵のぼりは現存する数 が少ないので、処分せずぜひ後世に伝えてください。





内祝い等に 小物グッズ通販 絵のぼり吉田
卓上和紙絵のぼり 本染絵手ぬぐい
卓上和紙絵のぼり【ちびのぼり】
・3,000円+税 手軽な名入れちびのぼり
本染め絵手ぬぐい
・1,200円+税〜 辰昇デザイン



いわき絵のぼり吉田TOPへ戻る初代 近藤辰治二代目 宇佐美しずえ三代目 辰昇(サイト管理人)民画の画風いろいろ著作権

 

当サイトは絵のぼり師 辰昇が運営しています。
※画像、文章などの著作権は当方に帰属します。無断転載、無断複製はお断り願います。
Copyright (C) 2006 Iwakienobori Yoshida All rights reserved.

-武者絵.com-