民画の画風いろいろ
いわき絵のぼり吉田TOPへ戻る初代 近藤辰治二代目 宇佐美しずえ三代目 辰昇(サイト管理人)民画の画風いろいろ著作権
“民画”の画風の違い
民画というのは「民衆絵画」の事で、「武者のぼり」「凧」「絵馬」「大津絵」「ねぷた絵」「地口絵」など画工が描いた 絵を指します。昔は簡単に全国を行き来する事ができませんし、印刷技術もなかった為、お祭りの時などに飾る 絵を土地の人が手描きで作る必要がありました。そのため鍾馗や金太郎や太閤秀吉など、お決まりの画題を描 く民間の絵師がどの地方にも存在し、自然と千差万別で地方色のあるものになっていきました。
そういう意味で本来の民画は、口伝で継承されてきた民話と似ています。制作者の個性を加えて、古典的な題材 を再現する点は、クラシック音楽や落語等を考えて頂くと分かりやすいでしょうか。
民画の場合は、のぼりや凧、絵馬など様々な形式によって絵の描き方が異なり、武者のぼりでも地方や時代に よって>制法や画風が違い知れば知るほど飽きの来ない豊かな魅力があります。また歴史的な背景も知る と、鑑賞の楽しみがより深いものになります。
※画像にカーソルで、拡大画像
初代作 鍾馗
二代目作 鍾馗
三代目作 鍾馗
描く上での決まり事
当家の同じ図柄を見比べてみても、画風の違いが分かります。手描き顔料染めの武者のぼりは画風に厳格 な決まり事が少なく個性が出せるのです。また民画全般に言えると思いますが、同じ図柄を繰り返し描くので数を こなすうち、自然と先代の画風から離れ自分の画風になっていきます。先代の絵と寸分違わぬように描いても、 ただの模写、物真似になってしまいます。絵をなぞると、勢いはなかなか出ないものです。
また例え一見同じに見える絵でも、手描きである以上、必ず作者ごとの個性が感じられるはずです。
とはいえ、あまり自由勝手な画風でも伝統を損なってしまいます。いわき絵のぼりの画風は江戸時代の浮世絵、 特に歌川派の影響が強いと言われています。暁斎、国芳、北斎などの経由で狩野派、漢画の影響もあるようで す。また元来武者のぼりは、庭に飾り晴天のなかで鑑賞するものなので、遠くから見て絵の表情が伝わるよ うに描きます。そのような一定の「型」を守りつつ、時代とともに自然に画風は変化していくのだと思います。


いわき絵のぼり吉田【武者絵.com】TOPへ戻る



内祝い等に 小物グッズ通販 絵のぼり吉田
卓上和紙絵のぼり 本染絵手ぬぐい
卓上和紙絵のぼり【ちびのぼり】
・3,000円+税 手軽な名入れちびのぼり
本染め絵手ぬぐい
・1,200円+税〜 辰昇デザイン


いわき絵のぼり吉田TOPへ戻る初代 近藤辰治二代目 宇佐美しずえ三代目 辰昇(サイト管理人)民画の画風いろいろ著作権

 

当サイトは絵のぼり師 辰昇が運営しています。
※画像、文章などの著作権は当方に帰属します。無断転載、無断複製はお断り願います。
Copyright (C) 2006 Iwakienobori Yoshida All rights reserved.

-武者絵.com-