Q&Aよく頂く質問集
いわき絵のぼり吉田TOPへ絵のぼりとは?制作方法過去の仕事職人紹介ブログお問い合わせ

下記の他のお問い合わせは>>辰昇までどうぞ。


Q1.お値段を教えてください
屋外用幟が10数万円から、室内幟壁掛けが7万円台からございます。(2017年現在)
プリント製品ではありませんので、作日数等(図柄の難易度)によりお値段が異なります(寸
法のみで価格が決まるわけではありません)。
原材料費+工房制作費+小売店販売手数料で小売価格が決まります。
そのため詳細な価格につきましては、お手数ですが小売店へお問い合わせ下さい。
>>辰昇作いわき絵のぼり取扱店についてのページ

当工房は量産品工場ではありませんので、努力はしておりますが、それなりの価格となり
ます点をご理解いただきたいと思います。一つ一つの絵の仕上がりにこだわり、高い水準
を誇った江戸〜明治期の武者のぼりを目標に制作しています。 

Q2.工房から直接絵のぼりを通販して欲しいのですが?
・当工房では、繁忙期は人員不足のため基本的に小売店に販売を委託しており、このHP
から直接のご注文(肉筆作品)を積極的には受けておりません。 

価格は小売店での販売価格(市場価格)と同じです。便利なほうでご利用下さい。
職人の作業場ですので、ご訪問の際はお手数ですがメールなどでご予約頂いております。
>>工房滝根庵についてのページ

Q3.特注サイズや特注図柄は制作してもらえますか?
・ 当工房は手描きですので、お好みの図柄をオーダーしたいと、毎年たくさんのお問合せ
を頂いております。
「掲載図柄の特注サイズ」は、可能な場合がございますので>>お問合せ下さい。
「掲載以外の図柄を特注で制作」は、基本的に行っておりません。納期と価格の両面が問
題となります。

新しい図柄を制作の際は、資料収集、デザイン制作、 配色、下図制作を事前に行ってか
ら幟の染めに入りますが、ちゃんとした物を作るには最低一ヶ 月を要します。
そのため通常は取り扱いの図柄を数種類に限定し、その中からオーダーしていただく方針
をとっております。

特注の場合、夏〜秋ごろまでにご注文をいただければ検討できますが、それでもかなり割
高になってしまう、というのが現状です
図柄の種類は年々増やしていく予定です。ご理解のほど宜しくお願いいたします。

Q4.鯉のぼりと武者のぼりの関係について教えてください
・戦国時代、武家が端午節句に当家の旗指物を飾っていました。やがておめでたい由来の
ある図柄(鍾馗さま、鯉の滝昇り、武者絵など)を幟旗に描くようになったのが武者のぼり
の始まりだといわれています。
江戸中期頃になるとのぼりの図柄の一つ「鯉の滝昇り」の小旗(まねき)を武者のぼりの付
属品として飾るようになり、やがて大型の吹流しタイプである「鯉幟」になりました。

なお、武者のぼり=武家、鯉幟=庶民と二分化した説明が広く伝わっていますが、それは
少し言葉足らずで、実際は武家以外の庶民も江戸〜現在まで武者のぼりを立てています。
福島県いわき地方では、藩主が1683年 (天和3年)7月19日に“端午の節句には、どんどん
幟を飾って町を華やかに飾るよう” に御触れを出しているほどです。

武者のぼりと鯉のぼりは両者とも、日本の節句を彩る伝統文化として根強く受け継がれて
きたものです。

Q5.お祭り等のイベント用に貸し出しは行っていますか?
・申し訳ありませんが、行っておりません。

Q6.洋服のリメイク用に欲しいのですが、中古や描き損じはありますか?
・中古の幟、描き損じ品は取り扱いしておりません。

当方の「顔料染め」は、のぼり旗に日本画を描いている感覚に近く洗濯が出来ない為、元
リメイク材料には適しません(衣類の材料として制作されておりせん)。また絵のぼりは一
枚の絵画として制作されている工芸品でもありますので、なるべくそのままの姿で保管する
のが望ましいでしょう(洋服のリメイク用には、ある程度量産された幟をお使い下さい)。
特に江戸〜明治時代の幟は文化資料ですので、大切に扱って下さい。

Q7.体験教室は行っていますか?
・現在業務多忙につき休止中です。

Q8.制作技術を学び、手に職をつけたいのですが
・大手の業者さんにご相談下さい。制作現場公開なども特別なケース以外は行っておりま
せん。

Q9.伝統図柄との事ですが、図柄を二次使用して良いですか?
・当方は伝統的なモチーフによる作品を制作しておりますが、先々代や先代、私が時間を
かけてデザインした物ばかりです。
当然著作権は発生しておりますので固くお断りしております。文章についても同様です。
>>当サイト著作権についてのページをご参照下さい。

Q10.観光ツアーで工房見学を取り入れたいのですが?
・旅行会社様から度々お問い合わせをいただきますが、当工房は職人の小さな作業場(ア
トリエ)です。
観光や見学が可能な施設になっていない事と、スタッフの人数不足、また大型車の駐車ス
ペースも無いこと等から、旅行会社様のご要望にはお答えできません。

・また個人を装い事前にアポイントを取ってくるケースがまれにありますが、大変困惑します
ので、ご勘弁いただきたく思います。

いわき絵のぼり吉田【武者絵.com】TOPへ戻る
>>書籍「江戸の幟旗」で全国一と紹介されました。

いわき絵のぼり吉田TOPへ絵のぼりとは?制作方法過去の仕事職人紹介ブログお問い合わせ


 

当サイトは絵のぼり師 辰昇が運営しています。
※画像、文章などの著作権は当方に帰属します。無断転載、無断複製はお断り願います。
Copyright (C) 2006 Iwakienobori Yoshida All rights reserved.

-武者絵.com-